ご近所付き合いと自分の将来像

ご近所付き合いと自分の将来像

最近と言うか新年度になってから、ご近所トラブル的な事が多々あったせいか、

今までは普通に接していて特に何も感じていなかった人柄にも敏感になってきました。

それと同時に自分が将来なるならこんな人生がいいとかを考えるようになりました。

実夫に陰口を言うご近所さんを見れば、年をとってまでよそ様の家庭を壊すような真似をしたり、

告げ口をするような大人にはなりたくないなと心に決めました。

時間を自分の都合だけで動く新・班長を見れば、失礼がないように気をつけようと感じます。

逆にお向かいで二世帯でお住まいの家庭を見ると、自分の家庭以外にも気にかけることが出来る広くて暖かい心を持って接してくれます。

うちのチビにも遊び相手になってくれたり、ご夫婦仲がいいので将来はあんな夫婦になりたいとも思えます。

自治会で実父に良くない話を吹き込んだご近所さんは、住宅街のど真ん中にわざわざ土地を借り畑を耕しています。

しかし周りの事を考えず、休みの日朝は早ければ4時過ぎから、大きな音を立てながら畑作業を始めます。

布団や洗濯物があるにも関わらず、禁止されているゴミ燃やしをしたりと、どっちが評判よくないか!と本当に思うほどの言動です。

周りからよく思われていなければ、いくら自営業で付き合いとは言え、

仕事の依頼なんてしてこないだろうと考えれば考える程文句を言いたくなって来ます。

でも所詮お酒を飲んで好き放題、後先考えずに悪口を言うような性格なのだから言っても無駄だしと逆にこちらが大人になれました。

本当に人の陰口を言うときは必ず本人にも回って聞こえるんだ、と言うことをしっかりと学んで生かして行きたいです。

今は旦那様が自営業なので言いたいことも我慢な状態ですが、B型で元々白黒ハッキリしておきたい性格なのでかなりムズムズしています。

これから子供も増えて大きくなる事を考えると、ママ付き合いも加わりさらに過酷になるのだろうと思い、

少しだけ憂鬱さを感じながら過ごすこの頃です。

ホワイトキー

楽しかった初めての家族遠足

今日は保育園の家族遠足でした。場所は横浜のこどものくにでした。

早起きして、家族5人分のお弁当を作り、すでにヘトヘトでした。

毎日お弁当を作ってくれていたお母さんへものすごく感謝しました。

こどものくには初めて行ったんですが、スケールの大きさに驚きました。

公園っていうよりか、テーマパークですか?っていうくらい規模の大きいものでした。

朝9時40分に現地集合だったんですが、道が大渋滞でなかなか進まず時間には間に合いませんでした。

でも、同じように間に合わない人はたくさんいてなんだかホッとしました。

現地に着くと、ものすごい人でした。とにかく人ばかりで、びっくりしました。

他の幼稚園や保育園も親子遠足だったようで、大人も子どもも同じくらいの人数で沢山いました。

きちんとこどもと手を握っていないと絶対に迷子になるという感じでした。

プログラムはまずクラスごとに記念撮影でした。、娘のクラスの順番なのに娘がいないのです。

探しに行って戻ると最後の1枚でした。1枚だけでも間に合って良かったです。

そしてつぎのプログラムはクラスごとに別れて運動です。

私は息子の未満児クラスです。主人は年中の娘のクラスに参加しました。

未満児クラスはいつもと同じように手遊びから始まり、風船を使って運動をしたりして楽しみました。

まだ保育園に慣れていない息子は、私から絶対離れまいと全く乗り気にならず終了してしまいました。

何もおもしろくなかったです。

その後は各自、他の家族の人と交わりを持ちながらのお弁当タイムの始まりです。

息子はいただきますまで待ちきれず一人フライングして食べていました。

張り切って作った弁当も、一瞬で空っぽになってしまいました。

でも、みんなおいしいおいしいと言って食べてくれたので、私としては早起きして作って良かったと思います。

そして、帰りに娘がずっと乗りたがっていたSLに乗って帰りました。

親子遠足、とても疲れたけど楽しいイベントでした。1年に1度ですが家族との時間がこうして作られる事は嬉しいことでした。